お久しぶりです&お返事などなど

お久しぶりです羊子です。2ヶ月くらいは休んだかな〜と思ってサイトを覗くとなんとほぼ3ヶ月お休みしておりました。そして久しぶりの更新は、書きかけの「機械仕掛け」と拍手お礼を放置して関係ないリハビリSSでございます。

なんの事件も色気もない小話なので、拍手お礼かTwitterに載せるのでもいいかなと迷いましたが、内容的に「まぶたに蜜」の後っぽい感じなので、おまけ扱いにしてみました。おまけのおまけで、栄視点でこの後の話をちょろっと書くかもしれません(今のわたしに断言はできない)。

そんなこんなで夏の思い出はひたすら「小説が書けなかった」に埋め尽くされていますが、ここのところちょっとずつ改善傾向にはありますので、見捨てずにいていただけたら嬉しいです。

申し訳なさに土下座したいくらい、メール等のお返事もできていませんでしたので、せっかく送ってくださった方も忘れちゃってるかもしれませんね涙。お返事届くと嬉しいです。そして、すっかり足が遠のいていたムーンに誤字報告や感想をいただいていたことにも先ほど気づいて衝撃を受けたので、数日内にはそちらもお返事いたします。


  • 未生くんはお母さんのことがあるから飲まないのでは?!事情があるんだよー栄!!

→前回(遙か昔)の拍手SS更新のときにいただいたコメントです。そうなんですよ、未生には事情があるんですよ! でもそれを知らず辛辣なことを言ってしまうのが栄です……。

  • 拍手SS毎日読んでます!楽しいです!!

→ありがとうございます。その後3ヶ月近くお休みしておりますが、また続き書きます。必ずや。

  • 羊子様ムーンの「心を埋める」の感想欄に書き込みがありましたよ!

→わー、教えていただいてありがとうございました。更新できていない後ろめたさからウェブ拍手もろくろくチェックできていなかったなんて……言ったらお叱りを受けてしまうでしょうか。おかげで今さらですが感想気づきました〜感謝です。

  • 何度読んでも栄とハタノが大好きです。SSも楽しみにしています。

→ありがとうございます。何度も読んでいただけるのも嬉しいですが、新作も書けるようにがんばりますね。

  • 梅雨明けで暑い日が続きますが、体調のほうはいかがですか? ワクチン接種受けられたのですね。副反応などは大丈夫でしたでしょうか? 自分が受けられるのはだいぶ先のようなのですが、副反応が結構きついと聞くので憂鬱です。外国での生活も色々なご苦労があったでしょうけれど、帰国されたらされたでお仕事での拘束時間が長そうで大変そうですよね。どうか無理なさらないで下さいね。更新は書きたくなったら書いていただければと。気長にお待ちしております(*´з`)

→梅雨が明け……「書きたくなったら」のお言葉に甘えに甘えているうちに夏が終わりかけております。お返事遅くなって本当にすみません。その後ワクチン接種されましたでしょうか? わたしは8月中に2度目も打ち終えましたが、2度目は高熱+節々の痛みでなかなかきつかったです。今はすっかり元気なので、仕事とも折り合いをつけつつ執筆ペースを戻していきたいと思います。

  • 最近長尾さんのお話を読み返して、羊子様のモブキャラの描写がリアルで、栄さんの前任の小郡さんとか、古村さんによる描写にあぁっ、なんかわかるって笑ってしまいました。(爪先の尖った靴が気に食わないが特にお気に入り)メインキャラだけでなくモブキャラも皆魅力的なんですよね~。そういえば長尾さんもちょいキャラのはずが、読者の妄想を掻き立てる設定だったからどんどん人気があがっていったんでしたっけ。そして今では立派な不憫キャラに(笑)

→読み返し&モブにも目配りいただいて嬉しいです。長尾は最近ちょっと出番も少なめで、しかもぽっと出のジェレミーにすらすっかり追い抜かれ(?)ますます不憫な感じかもしれません。ネタができたらまた長尾周りのSSも書きたいです。モブ書くの好きなので、ありがとうございます。

  • 醒めるなら、それは夢について。一気に読み終えました。読もうと思いつつも1番最後に取っておいた作品です。こういう史実ネタで辛い部分もある作品は好きなのですが、やはり読むのに覚悟が必要な気がして最後まで取っておいたのですが、正解でした。

→ムーンからサイトに来ていただいて、感想までいただきありがとうございました。「醒める」はわたしにとって初めて書いた話です。今でも疎いウェブ小説のお作法や風潮(?)について当時は知識が皆無で、だからこそ勢いに任せて書き切れたので良かったかな?と思っています(今だったら、執筆中の反応を気にして書けなかったかもしれません……)。

  • ユリウスの、迎えに行く、という幼い頃の約束を守り、ニコを追いかけてひたすら命をかけて彼を守り続けたその生き様も、ニコの家族をなくし迫害を受けユリウスの豹変ぶりを目の当たりにして傷つき続けつつも、優しさを失わず葛藤しつつユリウスを守ったその生き様も、本当に、なんといえばいいのか、胸を衝かれたというか、言葉では表しきれない気持ちでいっぱいです。

→ここに引用させていただいた部分以外にも、脇の登場人物、番外編まで愛着を持って読んでいただけて、本当に書いて良かったな〜としみじみ嬉しいです。恥ずかしいですが、自分でも書きながら感極まってしまったくらい没頭して作った話なので……ありがとうございます。電子書籍も作りたいと思っているんですが、もうちょっと書きたい番外があるのと、なかなか校正の時間がとれないので、生活が少し落ち着いたら是非……といったところです。気長に見守っていただけたら嬉しいです。

  • あと、エブリスタの方も拝見したのですが、表紙の絵に感動したと言いますか、なんというか2人の全てが詰まっているような感じがしてまた涙が止まらず……、更に、表紙の下にあった、ただ君を死なせたくなかった。どれほどの罪を重ねても。長い初恋の物語。という一文にまた胸を衝かれる想いでした。

→表紙、素敵ですよね! こればかりは絵師さんとデザイナーさんに感謝するばかりです……そしてあの素敵な表紙を活かすためにもやはり絶対電子書籍は作らねばと、思いを新たにしました。

  • 羊子さんのおすすめの小説が知りたいです!ジャンルはなんでもいいので、教えていただけると嬉しいです!

→最近集中力がなくて小説がなかなか読めていないのですが、これまで読んですごく好きで大事に思っている小説でぱっと頭に浮かんだものを紹介しますね。

どちらかといえば外国の小説中心に読んできて、(わたし自身は普通の現代ものを書くことが多いですが)意外と読む分には非現実な要素のある話が好きだったりします。そしてゴリゴリのBLは意外と読んできていない……(!)。

(日本の小説)

  • 高橋源一郎(特に『さようなら、ギャングたち』『悪と戦う』)
  • 筒井康隆(特に『驚愕の曠野』『残像に口紅を』)
  • 高村薫(『黄金を抱いて翔べ』は、わたしにとって最高のBL小説(作者には怒られそうですが))
  • 川端康成(特に『みずうみ』)
  • 安部公房(特に『密会』ですが全体的に好き)

(外国の小説)

  • カート・ヴォネガット(Jr.)(特に『タイタンの妖女』『母なる夜』)
  • ボリス・ヴィアン(特に『心臓抜き』)
  • アゴタ・クリストフ(『悪童日記』三部作)
  • ミハイル・ブルガーコフ:(特に『巨匠とマルガリータ』)
  • ガブリエル・ガルシア=マルケス:(特に『百年の孤独』『エレンディラ(収録の「無垢なエレンディラと無情な祖母の信じがたい悲惨の物語」)』)
  • ケリー・リンク(彼女の短編は大体好きですが、作品集では『スペシャリストの帽子』が好きです)
  • エイミー・ベンダー全般
タイトルとURLをコピーしました