拍手&コメント御礼

お礼ページの更新が続いたので拍手多めにありがとうございました。自分のために書いているといいつつ、たまには不調やモチベーションが下がる瞬間などもあり、そういうときにはいただいた反応(拍手、コメント、メール、Twitterのいいね問わず)が一番の薬になります。

今日は、お礼ページの栄の妹SS、長尾SSなどへの感想に返信しております。(久保村の一人称&久保村→栄の三人称のぶれは「こぼれて、すくって」49話までは修正ずみです。ご指摘ありがとうございました)


  • 妹さん視点ありがとうございました!第三者視点から初々しい可愛い二人が見れるなんて!あんなに犬猿の仲だったのに……ご馳走さまでした(*´∀`)♪

→はたから見るとそれなりに初々しさのある国内初デートだったということで。妹は多分またいつか出てきます。


  • 伊勢丹のとらや、懐かしいです。出入口のすぐ近くにありますよね。栄の妹(逸さん)は末っ子だけあって相当要領よさそうですね。もし羽多野と対面したら対等に討論しそうで、しかも結構意気投合して栄がやきもち焼きそう(笑)

→とらや、わたしも懐かしいです(笑)! といいつつ(福岡にも住んだことがあるので)新宿伊勢丹で買える和菓子だと「鈴懸」派だったりするのですが。逸はおっしゃるとおり下の子っぽいしたたかさ満載のタイプです。兄のことはクールに本質を見抜いた上で多少ブラコン風味もあり、タイプ的にも羽多野とはちょっと似てるかもですね。羽多野とは戦いの後に認め合って欲しいです。


  • 長尾SSは密かに好きです。しかし折角の栄とのディナーもアクシデントで行けず、栄が落ち込んでいる時にもうまく誘えず、そういうところが益々不憫さを感じます。そういう意味では羽多野はやはり攻めの強者だけあってチャンスは逃さないですね。長尾は勝負パンツ(流石にビキニではなくマイクロボクサーあたり?)を密かに持っていると勝手に想像(笑)。でも周囲の目があるので普段は無難なものしか履けないでしょうが。流石に話の展開的に羽多野×長尾はありえないでしょうが、羽多野の遊び人時代には(お試し的に)ガチムチ受けとの経験はあるような気がします。

→長尾は慎重すぎてトンビに油揚げをさらわれるタイプですね。オンオフ切り替えて、そういう場所に行くときには勝負パンツ履いてると思います! でも初めて寝る相手で好みがわからないときは気にして意外と普通のパンツ履いてたり笑。羽多野の遊び人時代はおっしゃるとおり「とりあえずなんでも一度食ってみる」タイプだったと思われるのでガチムチも抱いているはずです。


日本からの救援物資に良いフリーズドライ食品で「茅乃舎の茶碗蒸しの素」と「森永のお汁粉&しゃぶしゃぶ用餅」のアイデアもありがとうございます。軽くて嵩張らないものという意味では山メシと海外在住日本人への救援物資の相性は良いです。

実は年末にもう1便やってくるので、もし空港の茅乃舎に茶碗蒸しのもと売ってたら買ってきてもらおうと思います! ちなみにわたしは電子レンジもない生活なので、洗い物少なく作れる簡単レシピの参考としても山メシのアイデアって役に立つんですよね。登山しないのに山レシピのサイトを巡っています(笑)。

タイトルとURLをコピーしました