拍手&コメント御礼

12月に12月の場面から書き始めてなかなか現実の季節に追いつけなかった物語ですが、今回一気に夏です。ちなみにこのお話の舞台は現実の日本と似た架空の場所なので、改元もなければ頻繁な解散もなく総選挙はきっちり四年おきに行われています(ということでお願いします)。

本日もコメントありがとうございました。新たなカップリングの可能性として栄×羽多野というご意見もいただきました。正直自分の書くキャラは誰でも受になりうる気がしているのですが、一方尚人がここから攻に転じるイメージは湧かないので、攻の方がキャラクターの幅が限定されるのかもしれません。

ムーンからはお越しいただいた方からは「サクラ」についても言及いただきありがとうございました。現代ものは設定が身近な分あまり適当なことばかり書き散らせない難しさもありますが、書いて良かったです。

タイトルとURLをコピーしました