(参考)

「醒めるなら、それは夢」を書くにあたっては、時代背景その他について以下の書籍等を参考にしました(とはいえご都合描写や力技は多々ありますので、そういった部分は大目に見ていただければ幸いです)。

  • ヴィクトール・E・フランクル『夜と霧(電子書籍版)』,みすず書房,2014
  • ヴィクトール・E・フランクル『夜と霧 新版(電子書籍版)』,みすず書房,2014
  • シュロモ・ヴェネツィア『私はガス室の「特殊任務」をしていた――知られざるアウシュヴィッツの悪夢(電子書籍版)』,河出書房新社,2016
  • 芝健介『ホロコースト――ナチスによるユダヤ人大量虐殺の全貌(電子書籍版)』,中央公論新社,2013
  • 石田勇治『ヒトラーとナチ・ドイツ(電子書籍版)』,講談社,2015
  • 對馬達雄 『ヒトラーに抵抗した人々――反ナチ市民の勇気とは何か(電子書籍版)』,中央公論新社,2017
  • 中島義道『ヒトラーのウィーン(電子書籍版)』,新潮社,2012
  • 平井正『ヒトラー・ユーゲント(電子書籍版)』中央公論新社,2013
  • プリーモ・レーヴィ『休戦』,岩波書店,2010
  • マイケル・ベーレンバウム『ホロコースト全史』,創元社,1996
  • 武井彩佳『戦後ドイツのユダヤ人』,三秀舎,2006
  • グイド・クノップ『ホロコースト全証言 ナチ虐殺戦の全真相』,社原書房,2004
  • 野村二郎『ナチス裁判』,講談社,1993
  • 芝健介『ニュルンベルク裁判』,岩波書店,2015
  • 関口宏道『軍服を着た救済者たち』,白水社,2014
  • ピーター・ワイデン『密告者ステラ ヒトラーにユダヤ人同胞を売った女』,原書房,201
  • ルドルフ・ヘス『アウシュヴィッツ強制収容所』,講談社,1999
  • クリストファー・R・ブラウニング『増補 普通の人びと ——ホロコーストと第101警察大隊(電子書籍版)』,筑摩書房,2019

その他、United States Holocaust Memorial Museumホームページ、BBC「Auschwitz: The Nazis and the Final Solution」、アウシュヴィッツ=ビルケナウ博物館展示物、オスカー・シンドラー・ファクトリー展示物などなど……

タイトルとURLをコピーしました