「きいろとあかと」完結しました

本編のただれた感じと緊張感が嘘のような、初々しいカップルのお話でしたが書いていて楽しかったです。

タイトルの「きいろとあかと」はもちろん、未生が尚人の家に行くときの(複数経路はありますが)総武線→丸ノ内線の乗り継ぎなのですが、同時に3ヶ月間お預けくらっていた未生(信号の赤と黄色)とのダブルミーニングのつもりもありました。が、うまくその辺りを書き込めなかったのはちょっと残念。要修行です。

拍手のコメントからは「健全なNTR」という新しい語彙をいただきました。「きいろと〜」の未生も結果的にNTRに興奮しているわけですが、あくまで過去への嫉妬+負けないくらい尚人をトロトロにしてやるぜという前向きな姿勢につながっているので確かに健全なNTRですね!

更新が遅かったにも関わらず今週末も読みに来ていただきありがとうございました。あと一週間ほど立て込んでいるのでゆっくりになると思いますが、次は羽多野と栄です。

タイトルとURLをコピーしました