拍手&コメント御礼

本日は月曜(11/4)受領分コメント&メールフォームからのメッセージへの返信分です。その後の分はまた明日。小刻みですみません。


  • 最終話、ちょっと笑いもありつつ(主に羽多野のちゃっかりさと栄のツンデレデレ具合)、すごく希望のあるラストで最高にエモかったです!!!もう何回も読み返したくなるめちゃくちゃ素敵な最終話でした

→明るい終わり方にしたかったので、逆にちょっと栄デレすぎ?と思いつつ、でも最終話くらいいいですよね! 楽しんでいただけて良かったです。羽多野はロンドンに再突撃するつもりだったとはいえ内心ではかなり希望を失っていたと思うので、あのちゃっかりっぷりは安心した故の余裕(虚勢?)もあるのかも。


  • 本編第1回をリアルタイムで読んで「現実的すぎて苦しい…」と思ったのがそう昔ではないはずですが、今となっては懐かしく思えます。当時は最終的に栄が聖母なツンデレ受にまで進化するなどと言われたら「一体どんな超展開が」と思ったと思うのですが、自然な変化を重ね、心から楽しめています

→わたしも最近本編の頭の方を読み返して我ながら「うわあ」となったところです笑。合計200話近くかけてようやく栄もちょっと丸くなったでしょうか。本編完結時にもここで書いたような気がしますが、30歳前後って同じような環境でやってきた同世代でもライフスタイルに違いが出てくる時期なので、尚人と栄を通じてアラサーの機微が書けていればいいなと思ってます。


  • 本編終了時は羽多野×栄には地雷感を感じていて、栄の受化も多少は残念だったものの、それより羽多野とくっつくという点に抵抗がありました。他の3人と違って羽多野には共感ポイントが殆どない上、何より後にくっつく相手に健康被害を与えるほどのパワハラ的振る舞いをしておきながら罪の意識もなさそうで、とにかく気に食わないモードでした。ですから長尾の登場に少しときめいたりしたのですが(笑)羽多野の過去や葛藤などが明らかになり、可愛い部分やピュアな部分が見えてきて、不承不承というほどでもないですが栄との仲を許す(ガンコ親父みたいですみません、笑)気持ちになれました。とはいえ、100%浄化された訳ではなく、栄を体で篭絡しようとしたことや、結婚当時のリラに対しての内心にあったような男性的クズさなどがやっぱり羽多野は油断ならない!と思うので(そこがこの作品の醍醐味なリアルさですが)、栄を誰かに取られたり、栄の心が離れたりしないか常に気を張っていてほしいです。栄はすっかり魔性のツンデレ受に進化したのであまり心配してません!

→「羽多野へのこういう意見は少数派かもですが」と恐縮気味に書き添えてくださってましたが、いやいやこういうご意見も大歓迎です。羽多野の男性的クズさは多分作中No.1ですので……というのもホモソーシャルの勝者を気取る栄を楽にするには、栄以上に精神面でマッチョな人間でないと駄目だろうという。完全に毒を以て毒を制する気持ちで作ったキャラクターです笑。ようやく頑固親父(笑)にも認めていただけたみたいですので、羽多野は今後、過去の意地悪を反省して栄を大事にしなきゃいけませんね!


  • ムーンで本編を読んで、正直その時は羽多野は嫌な奴だと思ってたし、尚人は栄より未生くんと付き合ってほしいな、と思いながら読んでいました。Twitterで羽多野×栄が始まるというツイを見て、まあ地雷ないし読んでもいいかな、くらいの軽い気持ちでプロローグを読み、ヤバいめっちゃ面白そうじゃん…と沼にハマって気が付けば本編よりもズブズブに好きになって毎日サイトに日参するほど更新楽しみに追っていました。羽多野のキャラクターがめちゃくちゃ好きで、本編ではイマイチな評価だった栄はだんだん可愛くなっちゃうし、もうこの二人のカップリング最高でした

→嫌な奴だった羽多野とイマイチな評価だった栄が最高と言っていただけるまでになって……作者冥利につきます。ありがとうございます。「こぼれて、すくって」が進むにつれて関係性もそれぞれの内面も変化してきたので、そのあたりを楽しんでいただけたなら何よりです。羽多野、本編でも終盤では割といいとこもあったのですが(あと未生には基本的に割と優しいですし)、胃潰瘍になるまで栄にパワハラした罪は非常に重かったようで……笑。今も苛めっ子的な部分は残ってますが嫉妬やえっちな場面のみで発揮されていくのではないかと思います。


  • 連載当初から色々な感想のある作品だったかと思います。読者は色々な感想を好き勝手に言いますが、あまり気にしすぎず、むしろ読者に羊子さんなりの萌えを教え込む感じでやっていただければ

→ありがとうございます! 「心を埋める」以前が初恋を貫く的な、「最初からカップリングがわかっていて、その成立過程を描く」パターンばかり書いていたので、三角関係や寝取られ、攻の受化が読んでくださる方々にどう受け止められるかについて無知だったなあ……と。いろんな意味で勉強にもなりましたし、予想外の感想含めて楽しかったです。好きなものしか書けないので、同じ萌えの方とこれからもワイワイやっていければいいなと思ってます。


  • ついに栄さんのバージンは羽多野さんのものに! おめでとう、羽多野さん栄さん!

→右手の調子が悪くてエロシーンの熱狂に入り損ねた(笑)とのことですが、お加減いかがでしょうか? 何卒無理なさらず!(といいつつやっぱり感想いただけると嬉しいです)。楽しい妄想もまたお聞かせくださいね。


  • お話を読むのと同じ位羊子様と読者の皆様のコメントを読ませていただくのも楽しみのひとつでした!私も皆さんとオフ会してみたいです!熱く妄想を語りあいたい(笑)ツルツルにされちゃう栄さんとか想像するともう、キャー!!(≧▽≦)
  • ほぼ毎日のように拍手コメントして、それに対する羊子さんの丁寧かつ面白い回答とか他の読者さんのレス見るのも楽しくて、本当にあっという間に時間が過ぎたような気がします

→いつからかコメント欄もある種のコンテンツ化して、本当に皆さまあっての「心を埋める」です涙。「こぼれて、すくって」はスピンオフということで既にキャラクターについて皆さん把握されてる段階で話が始まっているので、とりわけ盛り上がって……新作(いつ始められるかわかりませんが)ではまたゼロからの出発でなかなかすぐに盛り上がるとはいかないと思いますが、引き続き楽しんでいただけるよう頑張りたいと思います。もちろん「心を埋める」の番外編も!!


  • とりあえず羽多野×栄と共に、未生×尚人も、そしてもしまだあれば栄×尚人も!番外編楽しみにしてます。あとニコとユリウス達なども楽しみです~
  • ムーンで再履修+番外編を楽しみに、これからも応援しています!
  • 羽多野が「栄」って呼び捨てにする番外編をどうか…どうか…どうかよろしくお願いします……( ノД`)

→羽多野×栄はまずは「こぼれて」最終回の後日談、次に羽多野の過去編と栄の剃毛その他……くらいで考えてます(←この中のどこかで「栄」呼びも入ってくるはず)。未生×尚人は予告していた「栄に協力する見返りに未生にサービスする尚人」でしょうか。「心を埋める」と比べてニーズは低いかもしれませんがニコとユリウスがウィーンに再訪する話は……書きかけで止まっているのをここで一気に仕上げたいです。今後もよろしくお願いします!!

タイトルとURLをコピーしました