拍手&コメント御礼

今日も「うつくしいあし」の更新でした。やっと栄のパンツの話が終わったのに、なんでまたパンツのエピソード書いているんだろう……と思いながら書きました。

拍手やコメントありがとうございます。明日も更新できるようにがんばります。


  • 肉まんの皮の材料が手に入るなら具を入れずに皮だけ蒸して花巻にしちゃうのもいいと思います。そのまま食べても、具を挟んでもおいしいです。

レシピのリンクもありがとうございます。ものすごくウキウキしながら買い出しのときにベーキングパウダーを探したのですが見当たらず(製菓コーナーに空っぽの棚があったので、売り切れだったのかも)、次回に期待です。花巻いいですね! わたしが子どもの頃、祖母がよく作っていた餡子をいれない皮だけの酒饅頭が好物で……花巻はそれを思い出します。

ちなみに今回買い物のため調べて驚いたのが、今いる国の言葉では「ベーキングパウダー」と「イースト」が同じ単語らしいということ。それじゃ困るのでは? と思ったのですが、乾燥のもの(ベーキングパウダー)は基本「製菓用」で、生のもの(生イースト)はパンやピザ用という暗黙の了解があるとのこと。不思議です。


  • 羽多野渡英時期についての回答ありがとうございました。リラからの連絡はてっきり栄と再会する前と勘違いしていました。(確か含みをもってそのうち(英国に)遊びに行くとか言っていたので)ともあれ、前からのちょっとした疑問が解けてすっきりしました。

→いえいえ、わたしもご質問のタイミングで設定の見直しできたりするので大歓迎です。「こぼれて〜」プロローグでの「遊びに行く」は、あの時点ではまだ社交辞令です。その後リラの連絡があって、栄訪問も現実味を帯びた感じですね。


  • 特に良い妄想ではありませんが栄の毛問題(笑)、生え揃うまでの過程に耐え切れず・・・という流れもあり?とも思いました。(自分で手入れを頑張る?嫌々ながらも渋々羽多野に相談?・・・等、手入れの手段は色々でしょうが)お口奉仕はさておいて、名前呼びは第三者(アリス等)のアシストが必要そうですね。仮に栄とアリスが再会した場合、ストレートに色々質問する彼女にたじろぐ栄(+ハラハラしながら見守るトーマスや羽多野)が想像できます(笑)。新作の感想でないのに長々と申し訳ありません・・・。

→そうなんですよ! あそこから生える過程を我慢できるのか……しかもちょろちょろ生えそろってくるのを自分でデザインできるのか、などなど栄のアンダーヘア問題は考えるほど奥が深いです。アリスとトーマスのカップルには良き理解者(?)として今後もアシストがんばって欲しいなと思ってます。特にアリスは一番空気読まないタイプなので(笑)。

感想はいつでも、どの作品のものでも嬉しいです! 感想やコメントいただくことで、ふっと番外ネタが浮かんだりすることもあるので、気兼ねなくお聞かせください。


  • 新作、攻めの一人称が「僕」ではなく「ぼく」なところがちょっと気になってます。

→ちょっと違うパターンでいってみました(あと自分の中で一応、同時に書くであろう「機械仕掛け」のアキと混同しないための措置だったしります)。攻めが「僕」で受けが「俺」のパターンは久しぶりかも。

タイトルとURLをコピーしました