拍手&コメント御礼

さらっとネタだった「サマータイム・マシン」が意外と長くなり一週間もかかってしまいました。完結してますので関心ある方はどうぞ。

ちなみに通常ページに載せる番外と拍手お礼(&ベッター)に載せる番外の区別は「落書きかどうか」です。ちょっとキワモノだったり、起承転結の足りない小ネタだったり、話としての完成度は低いけど書きたいなーというものは通常ページに載せるのに抵抗があるので……読まれる方もハードル下げていただけると嬉しいです。

では感想レスは以下から。ご指摘いただいた誤字は修正済みです。いつもありがとうございます。


  • カップルの痴話喧嘩って感じでかわいい
  • 未生の未熟×あざとさと、尚人の年とって考える落ち着きもあるのに×未熟×天然さに萌える

→ありがとうございます! このふたりはもう、振り切ってラブラブバカップルをとことん書くつもりでやっているので、「かわいい」「萌える」の感想とても嬉しいです。

もともとくっついた後の日常話ってあまり得意でなかった(何を書けば良いのかわからないから)のですが、未生と尚人を書いているうちに面白さがわかってきた気がします。自分で言うのもなんですが、本編時点で思ってたよりいいカップルだなあと、笑。


  • 尚人が栄にメールを返さなかったのはこういう経緯

→そうなんです。ですので未生の嫉妬が回り回って羽多野へのアシスト担っており、ここから回り回ってもしかしたら栄の幸せへのアシストにもなるのかもしれません。そうすると未生の懸念(尚人を栄に取り戻されるのではないか)が遠のくので、結果的に未生の利益にもなりますね!


  • 冨樫再登場に和んだ

→あの手の「無害でいい人の脇キャラクター」は書いていると落ち着きます。正直、尚人の周囲(冨樫や塚本渚あたり)は、尚人と栄が付き合ってたこと薄々気づいてるんじゃないかとも思ったり。いつかカミングアウトする日が来ても、温かく迎えてくれそうです。


  • パンツの営業マン、栄

→「尚人のパンツを一生懸命自分好みの適切なものにするお仕事…。栄が尚人を自分色に染める様子は、こうなってくると何だかある種健気といっていいのか、王子様だったはずの栄がむしろ、純朴な無頓着王子の尚人にせっせと尽くす使用人のようにも見えてきます」とのこと、本当にその通りですよね。想像するとちょっと不憫で笑えます。

もう栄は十分尚人に尽くして頑張ったので、今後は自らの使用人(羽多野)に存分に尽くさせると良いのではないでしょうか。毒のある使用人ではありますが……。


  • まさかレディース下着プレイが見られるとは、本編からは……

→書いているわたしも驚いています、笑。こういうのも「キャラが勝手に動く」の一種なのでしょうか。本編の雰囲気が好きで読んでくださった方に引かれてないといいなあ、と、たまに正気に返ったときにちょっとだけ心配になります。


  • 正しくない行いを繰り返しながらも、迷いながら一生懸命な登場人物たちが、とても愛しいです。

→「心を埋める」の登場人物たちについて、本当に嬉しいコメントです。欠点の多い人たちなのに共感していただけたり、愛情を持って読んでいただけたり、感謝しかありません。


  • 羽多野×栄の再開待ってます!

→お待たせしました、週明けから再開します。栄が面倒くさい人間すぎて違和感なく話を進めるにはどうしたものか日々悩んでいるのですが、期待に応えられるよう頑張ります。

未生とバカップルになっている尚人も、なんだかんだと栄が幸せにならない限り本当には救われないと思うので……いろんなものが多分、現状羽多野の肩にかかってます。


  • 黙って帰国しようとする羽多野を栄が引き止めに行く夢

→なんともロマンティックな夢ですね。今の栄は「さっさと帰れ」から「俺の言うことを聞いて大人しくしているなら置いてやらなくもない」に移行しているくらいでしょうか。後半戦で関係性も進展していく予定ですので続きもぜひよろしくお願いします。


  • 「醒める」のユリウスとニコでも、「きいろとあかと」や「サマータイム」のようなラブラブ日常が読めれば

→書く書く詐欺になりかかっていますが、プロットまでできている番外があるので、気長に待っていてください。ユリウスとニコが懐かしい人を訪ねてウィーンに行って、ハンスや「死に神」のふたりと会う話なんです……絶対書きます!

タイトルとURLをコピーしました