第7話

 キスからはじめるのは新鮮であると同時に特別な感慨を呼び起こす。潔癖の気のある栄が粘膜どうしの接触を嫌がるだろうという先入観があって、体に触れることを許されてからもキスはずっと避けていた。あれでも遠慮していたのだと言ったところで、どうせ信じてはもらえないだろうが。

 隠していた過去がばれて栄の逆鱗に触れた夜、羽多野は卑怯にも彼の言葉を封じるためだけにその唇をふさいだ。もちろんただで済むはずがない。容赦なく噛みつかれた舌はひどい炎症を起こし、しばらくのあいだ羽多野を罪の意識とともに苛んだ。だから初めて彼を抱くことが許されたときも最後の最後まで口付けには躊躇ちゅうちょしていたのだが、いざ唇を触れ合わせれば制御は効かなくなった。

 頑なな栄が普段ならば嫌がる行為を許してくれる、それがどうしようもなく羽多野を満たす。彼を蹂躙じゅうりんする満足感と同時に受け入れられる安堵が欲しくて欲しくてしかたない。この年になってはじめて知った性癖は自分でも笑ってしまうくらい歪んでいる。だが、こんな自分をさらけだせるのもきっと相手が栄であるからだ。

 ぎこちない唇をしばらくついばんで、抵抗がないのを確かめてから角度をつける。

「……っ」

 拒まれているわけではないが、栄がどこか居心地悪そうに身をよじるのは、このキスが彼の馴染んだやり方と違うせいだろう。羽多野は一度だけ目にした相良尚人の人畜無害な顔を思い浮かべる。あの人畜無害な雛人形のような彼氏相手であれば、栄みたいなお上品なタイプでもリードはできる。

 尚人との話を聞いても明確な嫉妬は浮かばない。彼らがどれだけの長い時間をともに過ごしていようが、今も互いにある種の情を持ち続けていようが構わない。おままごとみたいな生活も、子猫のじゃれあいのようなセックスも時間をかけて塗りつぶしていくだけのことだ。

「谷口くん……」

 吐息を吐くあいまに名前を読んで、なだめるようにスウェット越しに背中を撫でながら少しずつ体をずらしてベッドの上に乗り上げた。唇を柔らかく噛んで、舐めて、緩んできた合わせ目から舌を忍び込ませる瞬間には軽く胸を押し返されるが、当然のように無視を決めこむ。

「ふ……」

 一瞬だけ息を継ぎ、頬に手を当て口を開かせるとそのまま舌にしゃぶりついた。温かく濡れた粘膜を食い尽くさんばかりに吸い、あまりの激しさに戸惑う栄の口の端から流れる唾液すら惜しくて指ですくいとる。

「……はぁっ、ちょっと……」

 唇、舌、歯列から口腔の隅々まで味わい尽くしてからようやく唇を離すと、栄は荒い息を吐きながら抗議の意思を示そうとする。うまく言葉が出てこないのはきっと、あまりに強く吸われたせいで舌がしびれているからだろう。

 ちょうどいい、また昨日の晩のように面倒なことを言い出されてはたまらない。物理的に離れていた期間はしかたないにしても、いい大人としては十分すぎるほどのお預けに耐えてきたのだ。

 濃厚なキスですでに羽多野の欲望には完全に火がついている。そのまま腰を抱き寄せて服の下に手を差し込むと、久々に触れる滑らかな感触に羽多野の腰にも痺れが走った。

「もう、だから、なんであなたはこう……性急な……」

 何が性急だというのか、意味がわからない。抱きたいという意思を表明して、きっちり体を清めてから寝室を訪れた。まずは抱きしめてキス。お手本のように紳士的なやり方ではないか。

「我慢なら十分しただろう? 君が俺の家にいるあいだ、何度無理やり押し倒そうと思ったことか。ここまで待っただけでご褒美を受け取る権利はあるはずだ」

「押し倒すって……あなた、そんなこと考えてたんですか?」

 羽多野としては、むしろ栄がこちらの自制に気づいていなかったことに驚かされる。もしかしたらずっと、目の前にいる男を焦らしているという自覚もなかったのだろうか。

「……谷口くんって、驚くほど自分本位だよな」

 自分がその気でないときには相手だって同じ、もしくはたやすく我慢できる程度――人の気も知らずそんな認識でいたのだとすれば、性悪という次元ではない。

「あなたにだけは言われたくないです……ちょっと、どこ触ってんですか」

 そのまま下着に左手を入れて程よい弾力のある尻を揉みしだく。もちろん栄は不満げだが、すでに羽多野の心は「褒美を賜る」モードから「無知な王子を躾る」モードに動きつつあった。そう、へつらうだけでは良き使用人とはいえない。世間知らずな王子に人間の心の機微を教えるのも重要な任務である。

 指先をそのまま狭間に滑らせると、いつの間にか羽多野の腕にしがみついていた栄が体をすくませた。

「だからっ、本当になんでこんな即物的な……」

 キスの後ですぐに尻に手を伸ばすのは確かに即物的かもしれないが、だったらベッドの中での一挙一動に騒ぎ立てるのはどうなんだ。色気のなさならどっちもどっちだ。まあいい、そうやって吠えていられるのもきっとあと少し。

「……ここ」

 さらに指先を進めると、まだ硬く窄まっている場所が近づいてくる。くっと力を入れて襞を引っ張るような動きをすると、そこがひくつくと同時にはっと息を飲む音が伝わってきた。

「待って、そこは」

 しがみついてくる手が力を増す。羽多野は指をもう一本、今度は窄まりを挟んで下の方に滑らせ、周囲をゆっくりとさすったり、引き延ばしたりする。いよいよという場所まで近づくけれど、直接は触れない。腕の中にある体は次第に緊張を増していく。

自分で触った?」

 耳元にそっと囁く。

「あ、あれからって……」

 素直に質問に答えてもらえないのは織り込み済み。しらばっくれたところで逃げ道をふさがれるだけなのに。羽多野は低く笑ってから空いている右手を栄の目の前に掲げて見せた。

「まさか忘れたわけじゃないだろう? 俺のこのほくろと同じ深さまで、上手にできたじゃないか」

 羽多野の爪は伸びていて栄の粘膜に触れれば傷つけてしまう可能性があった。それでもどうしても繋がりたくて、苦し紛れの方法はひどく倒錯的なものだった。栄に自らの指で後孔をほぐすように促し、同時に彼の指に羽多野の指を含ませた。

「俺は、勝手を知らない君の口にこの指を入れて、同じように動かしてごらんって言ったよな。最初は一本、それから二本、三本まで上手に飲み込んだ。この第二関節のところを曲げて当たるところがってことも、理解したはずだ。てっきり病みつきになるかと思ったんだが……っ」

 そこで言葉を止めざるを得なかったのは、栄が羽多野の腕に爪を立てたからだ。過去の痴態を思い出させようとする試みは完全に成功したようで、その顔は耳たぶの先まで赤く染まっている。

「しません、そんなっ」

 首を振って否定するのは照れ隠しなのか、それとも真実か。

「本当に?」

「本当に! このあいだだって、俺はあんなことしたくなかったのに無理やり……」

「そうか、谷口くんは自分でするところを見られるのは嫌なんだな」

 当たり前でしょう、という言葉が耳元をくすぐって寝室のじっとりと重い空気に溶ける。羽多野はあの扇情的な眺めを気に入っているのだが、今後簡単には見せてもらえそうにない。だが――。

「ひとまず今日のところは意見が合いそうだ。せっかく前回の反省を生かして、ほら、爪だってこんなにきれいにしてきたんだから」

 くい、と指先を窄まりのふちにかける。

「あ……っ」

 思わず、といった様子で声を漏らした栄の耳元に再び唇を寄せて、今度は耳たぶを唇で挟み、揉むように揺する。それから告げた。

「お望みどおり、今日は最初から最後まで全部俺が誠心誠意サービスしようか」

タイトルとURLをコピーしました