僕と機械仕掛けと思い出(10)

 何も言えなくなった僕は、おじいさんと隣り合って座り黙っていた。

 どのくらい経っただろう、ぱっと道路の街灯にあかりがつき、いつの間にか空がすっかり暗くなっていることに気づく。肌寒いし、さすがにサーシャも僕が帰って来ないことをおかしいと思っているだろう。

 おじいさんは、変わらず幸せそうに薔薇の植え込みを眺めている。

「……ねえ、おじいさん。そろそろ帰らない?」

 そう話しかけると、彼は不思議そうに眉をひそめる。

「帰るだって? 私はここで待ち合わせをしているんだ。それに、君の迎えもじきやって来るんだろう?」

「うん、でも暗くなってきたし。ねえ、花を見せるのは明日にしたらどう?」

「だが、あれ明日にはきっと盛りを過ぎてしまうよ」

 しわしわの指の先には、植え込みの中でも一番大きくて美しい花が咲き誇っている。あの花を、とっておきにきれいなうちに見せてあげたい。だからどうしても今日――おじいさんはそう言いたいのだろう。

 でも僕は確信している。ここでいくら待っていたって、おじいさんの恋人はやって来ない。

 彼を置いたまま帰るか、それとも一緒に留まるか。しばらく迷う。昨日はいつ、どうやってここから帰ったの? たずねれば答えは返ってくるだろうか。いや、昨日僕と会ったことすら覚えていないのだから、期待できない。だから別の作戦を考える。

「ねえ、おじいさん。もしかしたらおじいさんの恋人、寒くて暗くなったからお家から出られないままなのかもしれないよ。だからさ……あの花を持っていってあげるんじゃ駄目かな。その人のお家はどこ?」

 公園の花を折るなんて本当はいけないことだ。でもここはあまり人気のない場所だから誰も気づかないかもしれない。見つかったとしても、一輪くらいならきっと許してもらえるだろう。

 僕の質問に、おじいさんはゆっくりと右手を上げる。示したのは僕とサーシャが暮らす家と同じ方向だった。だったらちょうどいい。

「一緒に行こう。ね、そうしよう」

 おじいさんの腕にしがみつくようにして僕が訴えると、周囲の暗さにいくらか心配な気持ちも芽生えたのか、しばらく迷ってからおじいさんは首を縦に振った。彼の気が変わらないうちに出発したくて、僕は薔薇の植え込みまで走っていくと一番大きくて美しい花を枝ごと手早く手折った。

 宝物のように薔薇の枝を握りしめたおじいさんと一緒に歩き出したときには、あと少しで重荷を下ろすことができるとほっとした気持ちになったけれど、その期待はやがて裏切られる。

「僕の家はここを左に曲がってしばらく行ったところなんだけど、おじいさんの行き先は、どっち?」

 交差点に差し掛かったところで行き先を聞くと、急におじいさんの瞳にうろたえた色が浮かんだ。

「どっち……?」

「その、恋人の家。いや、おじいさんの家でも、どっちでもいいんだけど」

 右を見て、左を見て、足元に視線を落とす。

「……どっちだっただろうか」

 だらりと自信なさげに、薔薇を握る腕もまた体の脇に力なく垂れた。

「え、あの」

 おじいさんを家に帰しさえすればいいと思っていたのに、肝心の家がわからないなんて。どうしよう。急に心臓の動きが激しくなる。やっぱり公園には行かなきゃよかった。話しかけなきゃよかった。一緒に帰ろうなんて、言わなきゃよかった。でも、もう遅い。

 不安そうに立ちすくむおじいさんと、泣き出したい気持ちの僕。通りすがりの大人に助けを求めようか。でも僕はこのおじいさんのことを何も知らないし、今の状況をどう説明したらいいのかわからない。

 そのとき、後ろから僕の名前を呼ぶ声が聞こえた。

「アキ!」

 はっと振り向くと、サーシャが駆け足でこちらにやってきているところだった。そうだ、こんな時間まで電話もせず家にも帰らなければ、サーシャが僕を探し回っているのは当然のことなのだ。

「何をしているんですか。電話もないし、ベンの家に電話したらひとりで帰ったって言うから――」

 口調も表情も鋭い。これは、一番怒っているときのサーシャ。でも、僕の背後にいるおじいさんに視線を向けた瞬間、不思議そうにつぶやく。

「アキ、その人は……?」

「サーシャ!」

 きつく叱られて、なんなら夕食抜きを言い渡されたっておかしくないくらいなのに。普段ならこんなに怒っているサーシャの顔なんて全然見たくないのに――僕はものすごくほっとして、抱きついて、泣き出したいくらいだった。

 僕の様子が普段と違うことに気づいたからか、サーシャの表情から怒りが消えて、代わりに浮かぶのは戸惑い。だからさっとその腕を引いて、腰をかがめた彼の耳にささやく。

「サーシャ、どうしよう。公園で会ったおじいさん、帰り道がわからないんだって」

「公園で?」

 近い距離からこぼれたため息が僕の髪を揺らす。くすぐったさに目を細める僕の両頬に手を当てて、サーシャは言った。

「なぜあなたがベンのお母さんに嘘をついて、ひとりで公園なんかに行ったのか、申し開きは後でゆっくり聞くことにしましょう」

「……はい」

 体裁の悪さに視線をそらす僕の頭を一瞬だけ大きな手が撫でて、去る。そして立ち上がったサーシャはおじいさんに向かって礼儀正しく口を開いた。

「こんばんは、どうやらお困りの様子ですね。お手伝いしましょう」

タイトルとURLをコピーしました