お知らせ

拍手&コメント御礼

お、お待たせしました。帰国準備〜帰国からのばたばたで2ヶ月近くもご無沙汰してしまいましたが、やっと「まぶたに蜜」19話を更新しました。ペースは遅いですが少しずつ書ける感じにはなってきたので、のんびり再開していきたいと思います。 お休み中に拍手やコメント、メール、Twitterへ...
まぶたに蜜|心を埋める(番外編)

19.羽多野

 ただでさえ栄の妙な態度に気が滅入っているところに神野のたわ言にまで付き合わされた。自宅――と呼べば栄は相変わらず嫌味のひとつくらいは言ってくるのだろうが――のドアに手をかけたところで、羽多野は体の芯からじんわり疲れがにじむのを感じた。 「ったく、歳かな……」  コキコキと肩...
まぶたに蜜|心を埋める(番外編)

18.羽多野

 ここ数日の家庭内のぎこちなさを思い起こして大きなため息を吐いたところでドアがノックされた。 「……どうぞ」  返事をすると、ひょっこりと顔を出したのは神野小巻だ。結局パブの夜の意思表明に押し切られるように羽多野は彼女の教育係を引き受けている。 「頼まれていた資料ができたの...
お知らせ

拍手&コメント御礼

「まぶたに蜜」17話を更新しました。今回から羽多野視点です。 16話は普段以上に誤字が多くてすみませんでした。教えていただいた箇所はすべて修正したつもりです。いつもありがとうございます! さかえー!!バレたらお仕置きセックス確定じゃ。 正に波乱の予感!でもその後...
まぶたに蜜|心を埋める(番外編)

17.羽多野

 栄の様子がおかしい。勝手な思い込みや考えすぎが原因でふさぎ込んだり八つ当たりしてきたりするだけならば平常運転の範疇だ。しかし今回はそれとも様子が違っている。  きっかけは何だったか。ジムで出会った男に栄が簡単に気を許した件、そして翌週はじめに羽多野が連絡もなく酒を飲んで遅くな...
タイトルとURLをコピーしました